実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第1話)

「完璧な詐欺師など存在しない。

 完璧な法律など存在しないようにね。」


セミの声にかき消されそうな小さな声で、

男はつぶやいた。


2016年8月某日、

新宿区信濃町で司法書士事務所を経営する男の携帯が、

お昼どきの中華料理店に鳴り響いた。


ピロリロ~ピロリロ~♪


頬張っていた天津飯を急いで飲み込み、

男は携帯電話を手に取る。

 「はい、もしもし。」

 「ああ先生、お世話になってます。

  本当に突然で申し訳ないんだけど、

  明日不動産売買の契約・決済を同時で行う予定になりそうです。

  予定は空いていますか?」

いかにも大衆食堂という感じの狭い中華料理店の店主は、

男の目が一瞬にして鋭くなったのを見逃さなかった。


 「明日…ですか?

  契約と決済を同時に?」

男は何かをひどく警戒しているようだ。


 「ええ、そのとおりです。

  急きょ購入できそうな物件の情報があってね。

  それで、予定はどうですか?」

男は明日が水曜で、他に取引の予定がないことを

わかっている。

 「ちょうど予定は空いています。

  時間は何時でも対応可能ですよ。」

 「そうですか。では資料一式を

  メールしますので、確認をお願いします。

  取引の時間と場所は、追って連絡します。」


残った天津飯を一気にたいらげ、男は事務所へ急いだ。


「悪い予感というものは、

 良い予感よりずっと高い確率で的中する。」


誰かの小説で読んだような

そんな言葉が男の脳裏に浮かんでいた…。


つづく

3回の閲覧

Copyright© 司法書士リーガル・パートナー All Rights Reserved.