top of page

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第2話)

「あの頃の僕はまだ未熟で、

 不動産の取引がこんなにもシビレルだなんて、

 夢にも思っていなかったよ。」

日付が変わるころに帰宅した男は、

疲れた様子で身重の妻に語りかけた。

待望の第一子が来月誕生予定なのだ。

 「そう。私も宅建の資格を持っているけど

  そんなことは全然知らなかったな。

  それより、ご飯は食べる?」


妻はあまり興味が無いようだが、

男にとってそんなことは重要ではなかった。

 「悪くない。でも少なめでいいよ。

  明日胃もたれするわけにはいかないからね。」

「急きょ決まった、更地の一括決済」


不動産取引の法務を熟知した男にとって

これが何を意味するかは、

太陽が東から昇り西に沈むのと同じくらい明らかだった。


 「キャプテン、この取引はもしかして…」


資料を確認した社員が男に語りかける。

売買予定代金は、2億1000万円だという。

23区西部の好立地、もう少し高く取引されても

良いのではないかと思わせる広い土地だ。


 「難しい質問だ。あるいはそうかもしれないね。」

男は静かに同意した。


 「とにかく、僕らにできることは

  警戒を怠らないことだけさ。まるでミーアキャットのようにね。」

アフリカの生物に詳しくない社員は

わかったふりをしながら笑い、資料の作成を開始した。

「明日の取引は、銀座の●●法律事務所で行います。

 時間は13時からですので、よろしくお願いします。

 少し早めに集合して、打合せをしましょう。」

顧客からの簡潔なメールを確認した男は、

戸惑いを隠せなかった。

 「弁護士事務所だと…?」


社員全員が帰宅し一人になったオフィスで、

男はつぶやいた。

食事帰りの会社員たちの笑い声が

どこからか聞こえてくる。


 「ともかく」


男は自分に言い聞かせるように声を張り上げた。


 「世の中にはいいやつも悪いやつもいる。

  それは肩書では解らないものさ。」


男の中のミーアキャットは、警戒を緩めるどころか

さらに感覚が研ぎ澄まされていった。


つづく

閲覧数:27回0件のコメント
bottom of page