実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第3話)

12:15  銀座にて


 「先生、今日の取引どう思いますか?」

昭和の香りが残る純喫茶で、

アイスコーヒーを片手に顧客が男に問いかける。

純喫茶のアイスコーヒーは、どこか懐かしい味がする。


 「はっきり申し上げます。

  詐欺事件ではないかと疑っています。

  私の判断で、取引が中止になっても

  良いでしょうか?」

顧客の表情が、まるでミルクを入れたばかりの

アイスコーヒーのように複雑になった。

 「先生、取引が中止になるのは

  残念です。うちとしても

  良い条件で購入できるチャンスですから。」

男は、ほんの少し落胆した。

利益か…。利益に目がくらむのか、と。

そのことを感じ取ったのか

顧客はさらに続ける。


 「しかし、被害に遭う可能性があるのであれば

  先生の判断を尊重します。

  遠慮なく言ってください。」

13:00  弁護士事務所にて


 「いらっしゃいませ」

 「司法書士リーガル・パートナーです。

  ●●先生ご担当の不動産の取引に伺いました

受付の女性がいる…。

今のところ不審な点はない。

全神経を集中させ、何かを感じ取ろうとする。


 「どうぞこちらへ」


受付の女性に促され、男は顧客と共に

奥の応接室に入室する。

・弁護士1名

・売主の高齢女性1名

・売主の相談者という男性3名


の合計5名が既に我々を待っていた…。

ずいぶんと多い人数だ。

不思議と、餌に群がる鯉のように見えてくる。


 「弁護士の●●です」


最初に名刺交換をしたのは、

弁護士であった。


古びたスーツに、薄汚れたビジネスシューズ。

ずいぶんと頼りない。

それもそのはずだ。

この弁護士は、過去に複数回に渡り、

「懲戒処分」を受けている人物。

その程度の事は簡単に調べることが出来る。

事前の準備に抜かりはない。


 「わたしは、名刺がないんですがねぇ、

  ●●です。売主さんの相談に乗っている者です」

3人のうちの一人の男が、

まるで初孫を抱きかかえるような満面の笑みで

自己紹介をする。

 「そうですか。」


男は淡々と答えた。

 「あなた様が売主様でしょうか?」

相談に乗っているという50代の男性をあえて無視し

80を超えているであろう老齢の女性に確認をする。


 「そうです。よろしくお願いします。

  相続税が払えなくて、すぐに現金化しなくちゃならなくてねぇ。」

聞いてもいないことをなぜ自ら話すのか。

やはりそうなのか?

男の鼓動が早く、強くなり、心臓の音が聞こえる。


 「そうですか、それは大変でしたね。」


自らの動揺を悟られないよう、

男は売主の話に共感を示した。

 「売買の契約の前に、私からいくつか確認をさせて頂きたい。」


プレイボール。

さあ、試合の始まりだ。


つづく

3回の閲覧

Copyright© 司法書士リーガル・パートナー All Rights Reserved.