4034164_l.jpg

M&Aコンサルティング

M&Aに関する総合的なコンサルティングサービスを提供します

近年、中小企業における事業承継の場面において「スモールM&A」が注目されています。しかし、M&Aの実行には、多大な労力と時間、知識と経験を必要とします。

リーガル・パートナーでは、M&Aに関する登記手続に留まらず、法務面から数多くの検討を行い、これまで培ってきた企業法務における経験をもとに、それぞれのスモールM&Aの目的に合った最適なご提案が可能です。

また、会計、税務、法律等各分野の専門家との連携により、スキーム設計、デューデリジェンス、各種契約書等の作成などM&Aに関する総合的なコンサルティングサービスを提供し、お客様の企業価値の最大化と安心をサポートいたします。

サービスの流れ

秘密保持契約

M&Aに当たっては、対象会社の現状を正確に把握するため、情報の入手が不可欠ですが、その中には当然、企業の機密情報も含まれることになります。

 

そこで、これらの情報の外部への漏洩を防止するために秘密保持契約を締結し、情報の開示を促進します。

デュー・ディリジェンス

デュー・ディリジェンスとは、M&Aにおいては、対象企業の現状を調査する手続をいいます。

 

開示された情報を基に、対象企業の強み・弱みは何なのか、M&Aをすることによりどのようなリスクがあるのかをビジネス、財務、法務等の観点から精査します。デュー・ディリジェンスを怠り、対象企業の実態を正確に把握しないままM&Aを実行すると思わぬリスクを抱え込むことになってしまいます。

対策の実行・登記手続き

弊所からのご提案に
ご納得いただけた場合、
生前の対策を実行させて頂きます。

お客様のご希望を可能な限り
取り入れて参りますので
お気持ちの変化は随時お知らせ下さい。

​主なサービス

3323943_s.jpg
各種契約書の作成、レビュー

M&A契約書には、いくつかの特徴的な条項を記載します。

M&A契約書を作成・レビューする際にはこれらの条項の定め方に留意した上で作成・レビューすることが必要となります。

法律のプロにお任せください。

392855_s.jpg
デューデリジェンスにおける
法務リスクチェック

企業活動は全て法律によって規定されています。

その中で「企業活動で法律的な問題が発生していないか」「問題によって企業活動の継続に障害が生じないか」「企業活動は継続しても収益性に影響を及ぼすことはないか」を確認することがM&Aを検討する際に必要です。

496839_s.jpg
組織再編案の検討、ご提案

組織再編は、「①事前検討」「②実施手続」「③事後検討」の3つのフェーズに分けて行います。それぞれのフェーズ毎の検討事項を把握することで、効率的かつ効果的な組織再編の実行が可能となります。

実現後にどのような姿になるのが理想なのか、組織再編の要否も含めて事前に検討できます。

bnr02_large.jpg